肌 老化

肌の老化が気になってきた。毎日ちゃんとスキンケアしているのに…。

 

どんどん歳をとっていくと、どんなにお手入れをしても
肌の老化をカバーできなくなって来るのが悩みです…。

 

毎日化粧品でコラーゲンやヒアルロン酸等、お肌に栄養を与え
ちゃんとマッサージやスキンケアしているのに

 

 

何故だかお肌にシワが増えてきてハリもない。
くすみやシミまで気になってなんだか老けた気がするという方。

 

 

もしかすると、それは外側からのアプローチが
限界に達しているのが原因かもしれせん。

 

 

サプリや保湿材のイメージが強いコラーゲンですが、
お肌の弾力や潤いを保つ「真皮」と呼ばれる部分の
約70パーセントを占めるタンパク質としても知られています。

 

 

コラーゲンは人間のカラダと大きな関わりを持ち
肌だけではなく、毎日伸びる髪の毛や爪にも多く含まれます。

 

ですが、20代の頃から減少し始め、40代から50代までの
時期は100%のうちの半分へと急速に移り変わるため
肌の老化現象が目に見えて進みます。

 

 

それが急に老け顔になったり、
化粧ノリが悪くなるなどの

トラブルや髪のパサつきなどのサインとなって現れるのです。

 

 

30代、40代のアンチエイジングは若い頃のスキンケアとは違います。
上記のような肌の老化現象を感じたら、
それがやり方を切り替えるタイミング。

 

 

つまり、コラーゲンを外側から補給するのではなく、
内側から補給・生成を促す方法へ移行させる時期なのです。

 

 

 

肌の若々しさを保つコラーゲンを増やすプラセンタの秘密。

 

女性なら一度はプラセンタという言葉を聞いたことが
あると思います。

 

 

主に健康食品や医療の現場で使用されることが多い
馬や豚の胎盤(赤ちゃんとつながているところ)
から抽出されます。

 

 

シワのないぷるぷるした若い肌というのは
真皮の中のコラーゲンの量が多いからです。
一番お肌が潤っている時期は赤ちゃんの頃となります。

 

 

コラーゲン等の美容成分はゴムのように弾力を
持った繊維状のもので、真皮の中にある
繊維芽細胞からつくりだされます。

 

 

肌の老化はこの繊維芽細胞の働きが落ち、
コラーゲンの生成量が格段に減少するためです。

 

 

これがシワの主な原因にもなります。

 

 

化粧品に配合されているものは単なる保湿成分であり
真皮の奥には浸透しません。

 

 

若い頃は元の生成量が多かったのでそれでも十分だった
のですが、年齢を重ねたお肌にはその力自体が不足しています。

 

 

これではいくら外側から化粧品でお手入れしても
補いきれません。

 

 

近年の研究ではコラーゲンやヒアルロン酸など美容成分の
生みの親である繊維芽細胞を活性化させるには
酵素の一種である、アミノ酸が大きく関係している事が
分かりました。

 

通常の食事でも摂ることが出来るアミノ酸ですが
その栄養を最も効率よくお肌へ届ける役目を果たすのが
プラセンタであるという事がわかり、今美容の世界でも
需要が高まってきています。

 

 

今テレビや雑誌などで注目されている「美魔女」
と呼ばれる方々も、実は早い段階から、この身体の内側から
コラーゲンを生成するプラセンタの効果を活用し

 

 

年齢を感じさせないハリのある肌を実現しているのです。

 

 

>> ハリと潤いが違うプラセンタの選び方